旨いが幸せ

食べる事に一生懸命です

博多ラーメン食べ比べ

皆様、ごきげんよう。

昨晩の台風が過ぎてもスッキリしない天気の湖国から、本日お届けするカップ麺はこちら↓

日清麺ニッポンシリーズと、ニュータッチ凄麺の博多ラーメン食べ比べです♪

凄麺の方は、過去に食した事はありますが、麺ニッポンは初めてです。どんな違いがあるのか楽しみです(*´艸`)

まずは、麺ニッポンから…

熱湯2分(やっと5分から離れられた感が否めない)ですが、ここはちょっと硬めの1分で蓋を開けます。

ん??高菜がデフォで入ってる。

で、豚骨の匂いはあまりないですね。スープは博多ラーメンらしい豚骨味…かと思いきや、それ以上に高菜が結構前に来る感じです。

途中からの味変(または替玉)で追加投入したい、いわば薬味な存在が最初の味から最後まで続きます…これ、名前を博多風高菜ラーメンにした方がしっくりきます。

そして、ちょっと残念なのがキクラゲです。あんまりコリコリ感がなく、クシャッとしてました(。>д<)💦

麺は、博多ラーメンらしい細い低加水のパツっと歯切れ良い麺ですね♪

全体的には美味しい一杯なんですが、オーソドックスな博多ラーメンとは、また少し違う面持ちでした。

続きまして、凄麺にいってみましょう!

こちらは主 作です…チャーシュー沈んでもうてるやないかい(`Δ´)‼

とか、クレームをつけながら撮影し、まずはスープを…

カップに顔を近づけると、豚骨の香りがふわわ…(*´∀`)♪

あ~…これや、博多豚骨ラーメン言うたらこの香り…獣炊き出しました臭…♪

めっちゃ強い香りではないものの、最近の豚骨(博多風)カップ麺よりは確実に豚骨が香ります。

こちらも熱湯2分のところ1分で。

麺はこちらも、THE博多ラーメンです。パツンと軽快な歯応えは、流石です💓

具材は…至ってシンプルで普通でした(笑)💦


麺は両者ともとても秀逸だったし、一つのカップ麺として、美味しかったです。てな訳で今回この2つのカップ麺で選ぶなら、少し変わり種の博多ラーメンを食べたい(高菜ラーメンが食べたい)時は、麺ニッポン、オーソドックスな博多ラーメン気分の時は凄麺って言う感想に至りました(゜∇^d)!!

ほな(*´艸`)🎵

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。